ロゴ

インターホンも素早く取り付け!業者の作業だと確実・安全

HOME>コラム>位置を間違えると意味がない?インターホンを正しく取り付けよう

位置を間違えると意味がない?インターホンを正しく取り付けよう

インターホン

自分で取り付ける場合と業者に依頼する場合

ほとんどの家にインターホンがあり、来客があればすぐにわかりますが、故障した時やそもそもインターホンがないと来客があっても気が付かないでしょう。ですから故障した場合も、インターホンがない家も取り付ける必要がありますが、DIYが好きな人なら業者に依頼しなくても自分で取り付けることができます。ただ、家のコンセントを新しく設置したり、移動したりする場合には電気工事の資格を持った人しか工事をする事ができません。ですからコンセントの移動や設置が必要になる場合には業者に依頼するといいでしょう。自分で取り付ける場合には費用はかかりませんが、業者に依頼した場合の費用相場は1台あたり6,000~13,000円となります。ます。

ブザー

インターホンを交換する時期の目安

どんな物にも寿命はありますが、インターホンにも寿命がある事を知っていますか。種類によって寿命は異なりますが、集合住宅の場合では約15年が交換の目安となっています。一般住宅の場合にはもう少し寿命が短く10年程度が交換の目安になっています。日本も昔と違って犯罪も多く、来客があってもすぐにドアを開けるのは大変危険です。インターホンで必ずどんな人なのか確認する必要がありますが、寿命で故障していたら確認する事ができなくなってしまいます。ですから故障してから新しい物を取り付けるのではなく、寿命が来る前に交換する必要があります。また、新しい物を取り付けるならモニター監視機能付きのインターホンをおすすめします。